読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ウスベニキントキ

Priacanthus fitchi Starnes, 1988

形態・特徴 キントキダイとよく似ているが、生鮮時の鰭膜には黄色斑がないこと、体高は頭部後方で最大であることなどによって区別可能。側線鱗数は70。体長26cm。
分布 宮崎県、東シナ海。~西部太平洋、オーストラリア北西部。外洋の150-400mの深海にすむ。
生息環境 水深150-400mで漁獲される。稀な種とされている。
その他 日本からは1997年に宮崎県からアカネキントキとともに日本初記録種として報告された。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する