読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニラミアマダイ

Opistognathus iyonis (Jordan and Thompson, 1913)

形態・特徴 尾鰭には黒色帯がない。背鰭棘部には長い黒色斑がある。上顎後端は鰓蓋に達さず、その内側に黒色斑がある。体長8cmほどの小型種。
分布 東京湾~長崎。浅海の砂礫底にすむ。
生息環境 浅海の砂礫底にすむ。
その他 卵は雄の口内で保護される。釣りの外道として船釣りでごくたまに釣れるが、食用とされることはない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 東京湾中の瀬

2004.12.11

日本 和歌山県 中紀

2016.01.12

日本 神奈川県 横須賀市 走水海岸

2013.06.16

日本 神奈川県 鴨居沖

2005.10.30

日本 千葉県 東京湾

2015.01.05

日本 神奈川県 東京湾中の瀬

2004.11.30

日本 神奈川県 横須賀市 走水海岸

2013.06.16

日本 神奈川県 横須賀猿島沖

2009.06.20

日本 神奈川県 金沢八景(小柴沖)

2012.05.26

日本 神奈川県 金沢八景(小柴沖)

2012.05.26

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する