読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

リュウキュウニセスズメ

Pseudochromis cyanotaenia Bleeker, 1857

特徴 背鰭棘数は3本で、側線有孔鱗数は26~32と8~13。雄は上部側線に沿った黄色縦帯と、体側に青い横帯が8~9本ある。雌はカツイロニセスズメに似るが、側線有孔鱗数に違いが見られ、また生時、背鰭と尾鰭が黄色であることで区別可能。体長4.5cmほど。
分布 八丈島、琉球列島。インド洋~西部太平洋域。タイドプールやサンゴ礁の礁湖に生息する。
生息環境 サンゴ礁域やその周辺の岩礁域、礁湖にすむ。潮だまりにも入る。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

3 Comments
  • リュウキュウニセスズメの写真、盗用して欲しくなかったです。

    2016.12.08 10:57 ·不具合が発生しました.報告する
  • Hajime Sato様、大変申し訳ございません…
    珍しい魚を投稿してみたいという誠に身勝手な欲と考えで、たまたま目に入ったHajime Sato様の写真を深く考えもせず無断転載してしまいました。
    自分の著作権者や著作物に対する認識が甘かったと反省し、心から深くお詫び申し上げるとともに、速やかに画像の削除を行います。
    本当にご迷惑をおかけしました。

    2016.12.08 16:29 ·不具合が発生しました.報告する
  • >あきら様
    迅速な対応ありがとうございましたm(_ _)m

    2016.12.08 20:26 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する