読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ツルグエ

Liopropoma latifasciatum (Tanaka, 1922)

分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、沖縄諸島、沖縄舟状海盆。~韓国、台湾。
特徴 背鰭は1基からなり8棘13軟条(12~13)。臀鰭は3棘9軟条。体は赤~黄色で、体側には黒色の縦帯が1本あり、この黒色帯は尾柄付近で側線から離れる。尾鰭は黄色で、その後縁は黒くない。前鼻孔は吻端近くにある。クロオビスズキは本種によくにているが、背鰭と臀鰭軟条数は本種よりも少なく、黒色縦帯が尾柄付近で側線に接するなどの点で本種と区別できる。体長15cmほど
生息環境 やや深い(水深30m以深)岩礁に生息する。
その他 釣りなどでまれに採集され食用になるようだ。観賞魚としても知られるがかなり高価。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛媛県 愛南町深浦

2007.12.02

日本 愛媛県 愛南町深浦

2007.12.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する