読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タマカイ

Epinephelus lanceolatus (Bloch, 1790)

形態・特徴 体色は灰褐色から暗色で、黄色と黒色斑がある。これは幼魚で明瞭であるが、成長すると不明瞭になる。同じマハタ属魚類の仲間と比べて背鰭棘条部が低く、側線鱗管には放射状の小管があるのも特徴である。体長2mを超え、日本産のハタ科魚類では最大になるものといえる。英名では「ジャイアントグルーパー」と呼ばれている。
分布 八丈島、和歌山県以南太平洋岸、山口県日本海側、鹿児島県笠沙、沖縄諸島、小笠原諸島。~台湾、南シナ海、インド-太平洋。紅海やハワイ諸島にもすむ。日本ではごくまれな種。
生息環境 岩礁やサンゴ礁域にすむ。大型種であるが、浅所にすむ。
食性 小魚や甲殻類などを中心に多くの動物を捕食する。また小型のサメも捕食するらしい。
その他 大型種で食用として、幼魚は美しく観賞魚として其々人気があるが、個体数が減少しており、保護の必要もあるといわれている。大型魚はまれにシガテラ毒をもつことがあるので注意。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2008.01.16

日本 沖縄県 久米島兼城港

2011.09.30

日本 沖縄県 国頭郡本部町 沖縄美ら海水族館

2015.05.08

マレーシア シパダン島

2006.06.22

マレーシア シパダン

2006.06.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する