読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ハナハタ

Cephalopholis aurantia (Valenciennes, 1828)

形態・特徴 ユカタハタ属の魚は背鰭棘が9本などの特徴をもつ。他の体色が赤いユカタハタ属魚類とは、体側に小青色斑がなく、尾鰭にめだつ斜走帯がなく、臀鰭外縁が黒っぽいことなどにより区別できる。尾鰭後端は青白いものもいる。体長25cm。
分布 琉球列島。~インド・太平洋域。沿岸深所の岩礁域にすむ。
生息環境 主に岩礁域に生息する。やや深海性のハタで、100m位の場所に生息する。
食性 主に小魚や甲殻類、軟体動物などを捕食する。
その他 釣りや延縄などで漁獲される食用種で、市場にも出る。肉は美味。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.04.10

日本 鹿児島県 奄美大島 アッタゾネ

2006.05.30

日本 鹿児島県 奄美大島 アッタゾネ

2006.05.30

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.04.10

日本 鹿児島県 奄美大島 笠利崎沖

2005.11.09

日本 鹿児島県 奄美大島 マタゼ沖

2005.03.21

日本 鹿児島県 奄美大島 アッタゾネ

2006.05.30

日本 鹿児島県 奄美大島 笠利崎沖

2005.11.09

日本 鹿児島県 奄美大島 笠利崎沖

2005.11.09

日本 鹿児島県 奄美大島 アッタゾネ

2006.05.30

日本 沖縄県 久米島沿岸

2011.06.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する