読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ナガハナダイ

Pseudanthias elongatus (Franz, 1910)

形態・特徴 体側の前方は赤色、後方の赤紫色域の差が明確である。雌は赤みを帯びる。体側には黄色線があるがそれらは途切れ、波状となっている。雄の背鰭第3棘は少し伸びる。尾鰭はかなり深く湾入する。体長14cmに達し、この仲間では大型種。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、山口県日本海岸。~韓国
生息環境 水深30m以深の岩礁域に群れを作る。
食性 動物プランクトンや小型甲殻類を主に捕食する。
その他 沖合いでのアジやイサキつりなどの外道としてたまに釣れるが食用にすることはあまりない。観賞魚として人気があるがかなり高価である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 剣崎沖

2007.08.25

日本 愛媛県 愛南町

2014.07.06

日本 伊豆三津シーパラダイス

2014.02.15

日本 神奈川県 真鶴沖(真鶴港近くの栄寿司)

2014.09.10

日本 愛媛県 愛南町高茂岬沖

2001.05.24

日本 静岡県 沼津市 西浦沖

2016.09.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する