読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヒメハナダイ

Tosana niwae Smith and Pope, 1906

形態・特徴 体はやや長く、体側には黄色っぽい縦帯がある。尾鰭はよく湾入し、その上・下は長く伸びる。背鰭軟条数は13-14とナガハナダイ属の魚と比べて少ない。体長12cm程の小型種である。
分布 富山県以南日本海岸、相模湾以南太平洋岸、東シナ海。~台湾、中国、オマーン
生息環境 水深150m前後から底曳網などで採集されている。
その他 底曳網などで漁獲されるが、数は多くない。練製品の材料となる程度である。ヒメハナダイ属は本種1種からなる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 エボシ岩沖

2007.04.29

日本 神奈川県 相模湾

2012.11.03

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する