読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ミナミヒメコダイ

Chelidoperca margaritifera Weber, 1913

形態・特徴 ヒメコダイによく似ているが、体側中央には楕円形斑がなく、頭部眼隔域中央まで鱗におおわれている。本種の上顎は眼後縁下に達するとされているが、この形質については多少異なるものもみられ、再検討が必要とされている。また尾鰭についても湾入するといわれていたが、尾鰭の形状がホシヒメコダイと似たものもみられ、この点についても検討が必要。体長10cmほどである。
分布 種子島沖、沖縄舟状海盆。ニューギニア~ミゾール。大陸棚縁辺部の砂泥地域にすむ。
生息環境 沖縄舟状海盆では水深205mほどの場所で漁獲されている。
その他 日本産ヒメコダイ属魚類は3種が知られるがうちヒメコダイ、ホシヒメコダイが多く、本種はこの2種とくらべて非常に少ない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.08.06

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.08.06

日本 鹿児島県 奄美大島

2007.08.06

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する