読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アカメモドキ

Psammoperca waigiensis (Cuvier, 1828)

形態・特徴 主鰓蓋骨に棘が1本あり、腹鰭の基部には鱗状の突起が見られる。側線は尾鰭の後端付近まで続くことは大きな特徴である。
しかし、下顎が突出せず受け口になっていないことや体形などがアカメとは異なり、体色は似ているものの容易に区別することができる。また、アカメよりも小型種で大きくても全長50cm程度までである。
分布 琉球列島。~インド洋。
生息環境 湾内の砂底近くの浅い珊瑚礁に生息し、河川には侵入しないようである。
食性 動物食性で、魚類や甲殻類、多毛類などを捕食する。
その他 アカメよりもさらに情報が少ない種であるが、沖縄では食用魚として稀に流通するようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 漁港

2011.04.16

タイ シャム湾 サタヒップ沖

2015.03.07

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2015.05.20

日本 沖縄県 那覇市沿岸

2008.09.22

タイ チョンブリ県シーチャン島沖

2007.11.03

日本 沖縄県 宮古島 トゥリバー海浜公園

2016.11.21

日本 沖縄県 宮古島 トゥリバー海浜公園

2016.11.21

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する