読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アコウダイ

Sebastes matsubarae Hilgendorf, 1880

分布 青森県~土佐湾までの太平洋岸。稀に日本海側にも分布。~間宮海峡、千島列島。
特徴 アコウダイは他のメバル属の多くの種類とは、眼窩下縁に小棘があることにより区別される。アラメヌケとは、頭部背面に暗色帯がないことにより区別できる。別属のホウズキは本種ときわめてよく似ているが、背鰭棘数が12(本種はふつう13)であることにより区別される。大型種で体長50cmを超えることもある。
生息環境 深海の岩礁域、主に200m以深に生息する。
食性 動物食であると思われる。
その他 卵胎生。主に深海の釣りで漁獲され、食用魚となっている。肉は白身で大変美味、刺身、寿司、煮つけ、揚げ物などに向く。関西でアコウといえば、普通は本種ではなくキジハタのことを指す。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 三浦半島沖

2000.04.04

日本 神奈川県 三戸浜沖

2016.04.02

日本 千葉県 洲崎沖

2013.03.20

日本 千葉県 金谷沖

2014.05.21

日本 千葉県 太海沖500m

2001.04.05

日本 神奈川県 三戸浜沖

2016.04.03

日本 神奈川県 沖の瀬

2007.01.24

日本 千葉県 洲の崎西沖

2009.02.18

日本 千葉県 片貝海溝

2005.04.17

日本 神奈川県 真鶴岩沖

2006.01.07

日本 神奈川県 真鶴沖

2016.11.19

日本 徳島県 伊島沖

2009.07.12

日本 神奈川県 沖ノ瀬

2011.06.18

日本 神奈川県 沖ノ瀬

2011.06.18

日本 神奈川県 沖ノ瀬

2011.06.18

日本 神奈川県 沖ノ瀬

2011.06.18

日本 神奈川県 真鶴沖

2016.11.19

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する