読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤマトコブシカジカ

Malacocottus gibber Sakamoto, 1930

分布 北海道~山口県の日本海側、青森県、福島県、銚子。~オホーツク海、朝鮮半島日本海
特徴 コブシカジカに酷似する。前鰓蓋骨第2棘にある小棘は小さく(またはない)、頭部背面に粟粒状の変形鱗はない(か、あっても第1背鰭基部付近のみに限られる)ことにより区別できるが、明瞭には区別し難い。体長20cmほど
生息環境 水深800~1000mほどの深海に多く生息する。
その他 沖合底曳網漁業などで漁獲されるが、ほとんど食用にはされていない。本種の和名は従来は「セッパリカジカ」とされたが、差別的であるといわれ、ヤマトコブシカジカと改名された。本種はコブシカジカと酷似しており、同種である可能性もある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する