読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ハナメゴチ

Ratabulus megacephalus (Tanaka, 1917)

分布 南日本~東シナ海。朝鮮半島、台湾、中国。
特徴 眼の虹彩皮膜上片は単純な形状をしている。体側には黒色点がある。メゴチに似ているが、間鰓蓋部には皮弁がないことで、メゴチと区別される。第1背鰭と第2背鰭間に1本の棘がある。体長30cmを超える。
生息環境 やや深海性で水深100~200mほどの海底からよく漁獲される。
その他 底曳網漁業などで漁獲される。やや大きくなる種で、食用となっている。惣菜用や練製品原料など。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する