読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤセオコゼ

Minous pusillus Temminck and Schlegel, 1844

形態・特徴 ヒメオコゼに似ているが、背鰭軟条の黒色斑をもたず、尾鰭に小黒色斑がある、涙骨の2番目の棘は短く下方を向くことで区別できる。イトオコゼは胸鰭軟条数が12-14(本種は9-11)、尾鰭に斑紋がないことで区別できる。体長7cm前後の小型種である。
分布 新潟県、若狭湾および駿河湾以南~九州、瀬戸内海、東シナ海。韓国統営、台湾、中国、西太平洋。
その他 ヒメオコゼやイトオコゼと比べると数は少ない。底曳網で漁獲されるが、利用されていない。鰭棘・頭部の棘は有毒であり刺されると痛む。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.19

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.19

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.19

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.19

日本 宮崎県 門川沖

2007.05.09

日本 宮崎県 門川沖

2007.06.19

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する