読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

コウライキツネメバル

Sebastes ijimae (Jordan and Metz, 1913)

分布 北海道函館以南、島根県・房総半島。朝鮮半島南部。水深20~50mの岩礁域にすむ。
特徴 ムラソイ類に似ているが、頭部の眼隔域はくぼまず平坦であることで区別でき、他のキツネメバル類とは、体がほぼ一様に黒色であることにより区別できるとされている。
その他 キツネメバルの類は、分類学的な研究が現在進められているようであるが、コウライキツネメバルはキツネメバルの変異である可能性もあるとされる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 積丹半島 来岸漁港

2001.07.18

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する