読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オオサガ

Sebastes iracundus (Jordan and Starks, 1904)

分布 千葉県銚子以北の太平洋岸、北海道オホーツク海沿岸、千島列島、天皇海山。
特徴 全長60cmに達する大型種。眼窩の下縁に棘がない、尾鰭後縁は2叉し丸くない、頭部背面に暗色横帯がない、下顎は著しく突出しない、涙骨の棘は顕著ではないなどの特徴により、ほかの多くのメヌケ類と区別することができる。
生息環境 水深1300m以浅の深海に生息する。水深400~800m位の場所にとくに多い。
その他 深海釣りや底曳網漁業などにより漁獲され食用になる。本種によく似たサンコウメヌケは、口腔内の色彩、鋤骨・口蓋骨歯帯の形状などで違いがみられるが、オオサガと同種であるとする意見もある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 千葉県 鴨川沖

2004.05.28

日本 北海道 釧路沖(東京都中央区築地場内市場で購入)

2015.01.05

日本 北海道 釧路沖(東京都中央区築地場内市場で購入)

2015.01.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する