読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アラスカメヌケ

Sebastes alutus (Gilbert, 1890)

分布 北海道~宮城県の太平洋岸、北海道オホーツク海。~オホーツク海、ベーリング海、北太平洋。
特徴 背鰭棘条は通常13棘。アコウダイなどに似ているが、眼窩下縁に棘がないこと、下顎が著しく前方に突き出すことなどによって区別できる。体側には不明瞭な暗色帯が有ったりする。体長40cmほど。
生息環境 普通水深100~450mの岩礁域に生息する。
その他 他のメヌケ類と同様食用とされる。日本にも産するが、冷凍で輸入されたものがさまざまな用途で使用されているようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 根室沖(東京都中央区築地場内市場で購入)

2015.01.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する