読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ノトイスズミ

Kyphosus bigibbus Lacepède, 1802

形態・特徴 背鰭軟条数と臀鰭軟条数は普通それぞれ12、11である。背鰭の前方は高くなく、体はイスズミやミナミイスズミとよく似ている。ミナミイスズミは本種にそっくりであるが、本種では鰓耙数が21-24と少なく(ミナミイスズミは26-29)、吻が短くて丸い。このほかにも口と上顎の形態や両眼間隔の広さ、尾柄の高さ、胸鰭や臀鰭軟条部の形なども微妙に違うようである(坂井, 1991)。体は暗色~茶褐色。体長45cmになる。
分布 青森県、宮城県以南の太平洋岸、能登半島以南の日本海岸、東シナ海沿岸、屋久島、琉球列島、インド-西太平洋。ただし赤道付近の熱帯域をのぞく。
生息環境 磯に生息し、防波堤などで見られる。分布域は広く、本州中部以南の太平洋側のほか、能登半島など、日本海にもいる。
食性 雑食性で藻類、甲殻類などを捕食する。
その他 定置網や刺網で漁獲され、イスズミよりも美味ともいわれる。釣りではメジナ釣りの外道で釣れるほか、幼魚が防波堤で釣れたりする。
本種は1991年にノトイスズミ(新称)として報告されKyphosus sp.とされていたが、のちにK.biggibusに同定され、従来この名が充てられたミナミイスズミが未記載種となった(その後、ミナミイスズミが2004年に新種記載された)。このように、学名については従来から若干の変更があるので、気をつけたい。

文献
坂井恵一、1991. 日本のイスズミ属魚類は4種. I.O.P. DIVING NEWS. 2(8):2-5.
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 長崎県 上五島今里

2013.09.26

日本 熊本県 天草市五和町

2016.04.11

日本 東京都 小笠原父島青灯台

2015.06.29

日本 愛媛県 由良半島 船越運河

2007.01.19

日本 東京都 八丈島 石積ヶ鼻

2015.12.20

日本 東京都 利島沖

2007.09.02

日本 鹿児島県 喜界島中里の磯

2015.04.02

日本 宮崎県 南郷町大島・竹の尻防波堤

2004.08.14

日本 東京都 三宅島

2014.01.08

日本 東京都 三宅島

2013.07.09

日本 鹿児島県 奄美大島 万屋リーフ

2010.01.11

日本 高知県 沖ノ島 母島沖波止

2008.07.20

日本 東京都 神津島 赤碕

2011.12.10

日本 東京都 八丈島 八重根

2015.01.13

日本 東京都 八丈島神湊

2007.08.25

日本 長崎県 築地場外市場(長崎漁連)で購入

2015.06.02

日本 長崎県 築地場外市場(長崎漁連)で購入

2015.06.02

日本 宮崎県 南郷町大島

2007.05.26

日本 和歌山県 江須崎

2011.10.02

日本 和歌山県 西牟婁郡白浜町 朝来帰漁港

2009.09.11

日本 和歌山県 白浜

2011.11.17

日本 東京都 利島

2009.08.09

コメントをお書きください

2 Comments
  • 静岡県 伊豆海洋公園で2015.06.29、Keisuke Imamuraさんにより撮影された写真はテンジクイサキ K. cinerascens です。坂井恵一

    2015.09.26 14:09 ·不具合が発生しました.報告する
  • 追加です。高知県 大月町柏島で2008.10.25、MSさんにより撮影されたものは、これもテンジクイサキ K. cinerascens です。

    2015.09.26 14:12 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する