読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ネッタイミノカサゴ

Pterois antennata (Bloch, 1787)

形態・特徴 背鰭棘数は12で、これらには毒があり、刺されると痛い。胸鰭の鰭膜は短く、胸鰭軟条の先端付近にまで達しない。キミオコゼに似ているが、胸部に黒色斑をもつ。ミズヒキミノカサゴとは背鰭棘数が少なく(ミズヒキミノカサゴでは13が多い)、胸鰭の鰭膜に3-17個の斑点があり、軟条は一様に赤色または白色である(ミズヒキミノカサゴでは6-24個の斑点があり、軟条に縞模様がある)ことで区別できる。体長15cmほど。
分布 紀伊半島以南、小笠原諸島。~インド・太平洋域。水深50m以浅の岩礁・サンゴ礁域および礁湖に生息する。
生息環境 水深50m以浅にすむ。沿岸の岩礁域や、サンゴ礁域に生息する普通種。
食性 小魚やエビなどの甲殻類を捕食する。
その他 主に観賞魚として流通する。日本国内ではネッタイミノカサゴとされていたものには2種が含まれたが、松沼・本村(2011)により整理された。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 南さつま市

2015.02.23

フィリピン ドゥマゲッティ

2008.02.19

タイ シミラン諸島

2003.12.10

フィリピン ドゥマゲッティ

2012.06.14

インドネシア 南スラウェシ

2014.07.03

インドネシア Wakatobi

2015.04.26

フィリピン ボホール島

2007.05.31

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する