読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オニボラ

Ellochelon vaigiensis (Quoy and Gaimard, 1825)

形態・特徴 胸鰭が黒く、臀鰭と尾鰭は黄色いことが大きな特徴。また、尾鰭の後縁が截形であることも日本産他種と区別する上での大きな特徴となる。なお、全長2~3cm位までの稚魚は全身がやや黄色味を帯びた銀白色を呈する。
分布 琉球列島(幼魚は和歌山県以南)、インド-太平洋、紅海。
生息環境 沿岸の浅所や河川汽水域に生息する。
食性 デトリタス、藻類、甲殻類や多毛類などを食べる。
その他 日本では成魚の記録が少なく、稚魚や若魚の記録が多い。稚魚は波によって泡立っているところを泳ぐ習性が見られ、その体色も合わせて考えると、波の泡に擬態しているのではないかと推察されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 久米島沿岸

2008.10.03

フィリピン 北ミンダナオ地方 ミンダナオ島イリガン市のフィッシュマーケット

2014.09.27

フランス領ポリネシア ボラボラ島

2003.11.15

サモア ウポル島

2009.05.27

フィリピン サマール島

2010.05.15

フィリピン サマール島

2011.09.04

日本 沖縄県 西表島浦内川

2008.03.13

日本 沖縄県 西表島浦内川

2008.03.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する