読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

フウライボラ

Crenimugil crenilabis (Forsskål, 1775)

形態・特徴 上唇は肥厚して、その下部に乳状突起が密に分布する。また、下唇の前縁はひだ状になっている。体色は背面がやや灰色気味であるが全体的に銀白色で、胸鰭の基底上端には暗色斑点が1個見られることが特徴的。全長2~3cmの稚魚は、緑色っぽく躯幹部の中央に銀黄色の斑点が見られる。
分布 幼魚は千葉県小湊以南の太平洋岸でも見られるが、成魚は琉球列島以南、小笠原諸島にも分布。~インド-太平洋。
生息環境 サンゴ礁の浅海域に生息する。
食性 デトリタス、藻類、甲殻類や多毛類などを食べる。
その他 日本では成魚の記録が少なく、稚魚や若魚の記録が多い。稚魚は漂流物に着いたり波打ち際を好み、その体色も合わせて考えると、少なからず波の泡に模倣して捕食回避の効果を得ている可能性がある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フランス領ポリネシア ボラボラ島

2003.11.15

日本 鹿児島県 喜界島中里の磯

2015.04.01

日本 鹿児島県 喜界島(湾港内)

2010.10.15

フィリピン マニラ首都圏 マニラのフィッシュマーケット

2014.09.27

フィリピン ドゥマゲッティ

2012.06.13

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.18

日本 鹿児島県 喜界島(湾港内)

2010.10.15

日本 鹿児島県 喜界島の防波堤(小野津:ハワイ)

2008.08.27

サモア ウポル島

2008.03.10

日本 沖縄県 北部漁港

2008.05.18

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する