読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ワニグチボラ

Oedalechilus labiosus (Valenciennes, 1836)

形態・特徴 体高が高く、胸鰭の基底上端には暗色斑が見られる。また、眼を被う脂瞼は発達しない。上唇下部と下唇前縁はヤスリ状になっていることなどが特徴。全長2~3cm位までの稚魚は、全身が綺麗な銀白色を呈する。
分布 幼魚は八丈島、千葉県~九州の太平洋沿岸でもよくみられ、日本海側にもまれにみられるが、成魚は琉球列島以南。~インド-西太平洋。
生息環境 沿岸域の浅所に生息する。
食性 デトリタス、藻類、甲殻類や多毛類などを食べる。
その他 オニボラと同様に、稚魚は波によって泡立っているところを泳ぐ習性が見られ、その体色も合わせて考えると、波の泡に擬態しているのではないかと推察されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 瀬戸内町磯

2014.08.24

日本 千葉県 房総半島の磯

2009.08.19

日本 鹿児島県 喜界島(浦原漁港内)

2014.11.06

日本 宮崎県 サンマリーナ宮崎

2009.09.05

日本 高知県 室戸の漁港

2009.10.10

日本 千葉県 房総半島の磯

2009.08.19

日本 高知県 室戸の漁港

2009.08.30

日本 高知県 室戸の漁港

2009.08.30

日本 高知県 室戸の漁港

2009.08.30

日本 高知県 室戸の漁港

2009.10.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する