読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヘコアユ

Aeoliscus strigatus (Günther, 1861)

形態・特徴 体は極端に側扁し、甲板に被われる。体後端の棘は背鰭第1棘であり、基部に間接があるため動かすことができ、この下に背鰭軟条と尾鰭が配置されている。体側に黒色縦帯が一本あり、その幅と濃さはやや変異が見られる。
分布 相模湾以南。インド・西太平洋域。
生息環境 浅海のサンゴ礁域やその周辺の砂底域に生息する。小さな群れを形成していることが多く、逆立ちの状態で泳ぐ。稚魚は海藻片に擬態しているような色合いで、波に漂う姿が夏季に見られる。
食性 動物プランクトン食性。
その他 小規模な群れで逆立ちになって泳ぐ姿に愛嬌があり、ダイバーやアクアリストなどの観賞目的の人たちの間で人気が高い種である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市 那覇港

2014.10.08

日本 鹿児島県 奄美大島

2009.08.18

インドネシア 南スラウェシ

2014.07.24

日本 和歌山県 白浜 朝来帰漁港

2008.10.20

日本 愛媛県 愛南町

2009.11.17

日本 鹿児島県 奄美大島  名瀬港内

2007.09.28

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.07.28

日本 和歌山県 白浜 朝来帰漁港

2008.10.20

インドネシア Wakatobi

2015.04.26

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する