読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クダヤガラ

Aulichthys japonicus Brevoort, 1862

形態・特徴 体は細長く紡錘形で、背鰭棘は小さく、鰭膜で繋がっていない。鰭膜で繋がった背鰭軟条部と臀鰭は躯幹部の中央で対に見られる。吻は筒状で口は小さいことなどが特徴。
分布 瀬戸内海、相模湾以北の本州と日本海沿岸各地。朝鮮半島東岸。沿岸浅所の藻場にすむ。
生息環境 沿岸域の浅所の藻場に生息する。夜間に大群で移動しながら餌を摂り、昼間は岩礁やアマモ場に群れで休んでいるという。産卵期は3~6月で、雌は雄と交尾して、マボヤの囲鰓腔内に卵を産み付けることが知られている。
食性 成魚はアミ類を好んで食べる動物プランクトン食性。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 千葉県 館山市西川奈港

2006.10.27

日本 千葉県 棒疎半島のアマモ場

2009.09.21

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する