読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

マツカサウオ

Monocentris japonica (Houttuyn, 1782)

形態・特徴 体は淡黄色から黄褐色で、体側は大きな装甲状の鱗で覆われている。背鰭棘は5~7棘で鰭膜がない。腹鰭には大きな1棘がある。下顎に1対の発光器があり、そこにバクテリアが共生し弱い光を出す。体長15cmになる。
分布 南日本。インド洋、西オーストラリア。
生息環境 沿岸の岩礁域から大陸棚に生息する。水深は30~120m。幼魚は沿岸浅所にも出現する。
食性 肉食性。甲殻類を主食とする。
その他 日本近海では定置網、刺網、各種底曳網漁業によって漁獲される。硬い鱗を付けたまま焼いて食べると非常に美味であるほか、練製品の原料にも用いられる。また水族館でもよく飼育されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 三重県 尾鷲市九鬼町

2014.05.19

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2009.09.22

日本 静岡県 東伊豆

2014.09.15

日本 東京都 しながわ水族館

2005.01.23

日本 静岡県 雲見

2015.09.22

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.17

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.17

日本 静岡県 伊豆 大瀬崎

2016.11.10

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.17

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.17

日本 三重県 志摩市

2016.11.20

日本 愛媛県 愛南町深浦 

2007.09.07

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.17

日本 愛媛県 愛南町深浦

2007.09.07

日本 和歌山県 田辺市

2016.08.19

日本 福井県 越前海岸

2016.08.20

日本 福井県 越前海岸(壁石岩浜)

2016.08.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する