読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ホウズキ

Hozukius emblemarius (Jordan and Starks, 1904)

形態・特徴 体色は鮮やかな赤色で、アコウダイによく似るが、背鰭棘数が普通12本 (アコウダイで13) 、尾鰭の後縁は截形でまっすぐ (アコウダイでは浅く切れ込む) ことで区別できる。ベニメヌケも本種に似ているが、吻、主上顎骨、下顎は小鱗をかぶることで、これらの部位に鱗のないベニメヌケと区別できる。体長30cmほど。
分布 岩手県以南~九州。深海の岩礁にすむ。
生息環境 深海の岩礁域に生息する。
その他 深海釣りなどで漁獲され、食用になる。アコウダイよりも南方まで分布し、四国や九州などで釣れるのは本種が多い。市場にもでるが、釣り人にも、市場や魚屋でも、アコウダイと混同して扱われる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 相模湾大磯沖

2009.02.22

日本 神奈川県 長井沖

2015.03.01

日本 和歌山県 串本大島沖

2002.02.16

日本 高知県 室戸沖

2015.01.05

日本 神奈川県 三戸浜沖

2016.04.03

日本 神奈川県 三戸浜沖

2016.04.03

日本 千葉県 沖の山

2009.11.08

日本 神奈川県 沖の瀬

2007.01.24

日本 神奈川県 三戸浜沖

2016.04.03

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する