読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

リュウキュウイタチウオ

Alionematichthys riukiuensis (Aoyagi, 1954)

分布 屋久島、琉球列島。~台湾、海南島、西太平洋、東インド洋。
特徴 頭部は頬に鱗があるが、前鰓蓋骨鱗域は頭頂部にまでは広がらない。前鼻孔は上唇縁辺からよく離れている。リュウキュウイタチウオ属は日本から少なくとも3種が知られるが、本種は前鰓蓋上端に感覚孔があることや、主鰓蓋骨棘上部に鱗があることによりほかの2種と区別できる。しかしながら写真だけでは種の同定は難しいものがある。体長7cmを超える。
生息環境 サンゴ礁の浅海域に生息する。ごく浅い場所に生息するというが、あまり多くは見かけないようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン 東ヴィサヤ地方 サマール島

2015.06.01

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する