読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

テナガカクレウオ

Encheliophis homei (Richardson, 1845)

形態・特徴 腹鰭はない。犬歯は持たず、絨毛状歯を持つ。主上顎骨は露出していて動き、胸鰭が上顎長と同じくらいの長さである。体側に模様がなく、肛門が胸鰭基部よりも前方に開口することなどが特徴。
分布 琉球列島以南。インド・太平洋域の熱帯域。珊瑚礁浅海域のバイカナマコ、ジャノメナマコ、シカクナマコなどが宿主になる。
生息環境 バイカナマコ、ジャノメナマコ、シカクナマコなどを宿主とし、身を外敵から守るという片利共生の例で知られる。これらの宿主が生息するサンゴ礁浅海で見られる。
食性 多毛類、甲殻類、小型魚類などを食べる動物食性。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2011.06.27

フィリピン サマール島

2011.06.27

フィリピン サマール島

2011.06.27

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2005.02.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する