読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シマイタチウオ

Neobythites stigmosus Machida, 1984

分布 神奈川県三崎以南の南日本~東シナ海。~台湾。
特徴 背鰭に3個以上の黒色斑があることで日本産のほかのシマイタチウオ属魚類と容易に区別することができる。また吻端から眼を通る黒色縦帯があることも特徴的である。背鰭に顕著な斑紋がありウミドジョウにも似るが、腹鰭は2軟条で、その起部も前鰓蓋骨隅角部の下方よりすこし前の位置にある点で区別できる。大きくても20cmほどの小型種。
生息環境 深海性で90~980mまでに生息するが、200~400mあたりで多くみられる。
食性 動物食性と考えられる。
その他 底曳網漁業でたまに漁獲される程度で食用としては重要なものではないが、練製品の原料となっているようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 静岡県 遠州灘(浜松市舞阪漁協選別台)

2015.06.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する