読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ウミドジョウ

Sirembo imberbis (Temminck and Schlegel, 1846)

形態・特徴 眼の後縁下にある腹鰭は糸状に伸びる1軟条で、一見髭のように見えるが、髭はない。背鰭と尾鰭と臀鰭は繋がっており、背鰭には顕著な黒色斑が見られる。吻端から眼を通る暗色の帯があること、前鰓蓋骨に棘がないことなどが特徴である。
分布 南日本。水深100~200mの砂泥底にすむ。
生息環境 水深100~200mの砂泥底から採捕されている。
食性 多毛類、甲殻類、小型魚類などを食べる動物食性と思われる。
その他 底曳網で混獲される普通種であるが、全長25cmほどにしかならないこともあり、食用として出回ることはあまり無いようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.06

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.06

日本 宮崎県 門川沖

2007.07.06

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する