読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ムスジソコダラ

Coelorinchus hexafasciatus Okamura, 1982

分布 九州-パラオ海嶺。ただし伊豆諸島近海や、駿河湾などでも本種(または本種のように見える個体)が採集されているが、ミヤコヒゲとの精査が必要かもしれない。
特徴 体には明瞭な鞍状斑があることで、ミヤコヒゲやズナガソコダラとよく似ている。本種は頭頂鱗の棘状隆起線が3本であること、鰓膜が黒褐色であることでミヤコヒゲと、吻はやや短いことや棘状隆起線が3本であることでズナガソコダラとも区別できる。全長50cmを超える。
生息海域 水深300m~1000m前後の海底に生息する。
食性 魚類や甲殻類などを捕食していると考えられる。アジやサバ、イワシなどを餌にした釣りなどで漁獲される。
その他 釣りや延縄などの漁法により漁獲される。肉は刺身やフライなどにして美味である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する