読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニホンマンジュウダラ

Malacocephalus nipponensis Gilbert and Hubbs, 1916

形態・特徴 本種をソコダラ科魚類は、細かい同定形質が多く、種の同定は難しい分類群である。
第1背鰭は2棘10~14軟条で、胸鰭は17~22軟条、腹鰭は8~10軟条である。第1背鰭中央下の側線上方横列鱗数は11~12枚であることなどでよく似たワタヒゲと区別できる。この他、鰓条膜に鱗があること、第1背鰭と第2背鰭は接近せず離れていること、肛門が背鰭中央下に開口することなども特徴。
分布 南日本太平洋側、東シナ海、九州―パラオ海嶺。
生息環境 水深350~550mから採捕されているようだ。
食性 甲殻類や小型魚類などを食べる動物食性と思われる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する