読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

スジダラ

Hymenocephalus striatissimus Jordan and Gilbert, 1904

分布 東北地方・南日本太平洋岸、愛媛県八幡浜、沖縄舟状海盆。~台湾
特徴 ソコダラの仲間は鰭条数、頭部や体側の鱗の形状やその分布、顎歯の形状や数などから同定することが多く、写真からの同定は難しいものが多い。本種は頭部に突起が発達し、腹鰭は8軟条、ひげは眼径の半分ほどの長さであるなどの特徴をもつ。体長20cmほど。
生息環境 他のソコダラ科魚類同様深海性であるが、本種は水深180mほどの場所からも採集されているようである。
食性 動物食性であると考えられる。
その他 沖合・小型底曳網漁業で漁獲される。ソコダラ科の魚の中にはイバラヒゲやトウジンなど食用となるものも多いが、本種は小型であるため、殆ど利用されないようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 静岡県 沼津漁港の鮮魚店で購入したキアンコウの口の中

2014.03.04

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する