読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ワニダラ

Hymenocephalus longiceps (Günther, 1887)

分布 駿河湾、遠州灘、熊野灘、三重県以南、東シナ海、
西太平洋:九州-パラオ海嶺。フィリピン。
形態・特徴 まず、腹鰭鰭条数が8,胸鰭鰭条数が13–17である。
頭部はまるいが、吻はかろうじてつき出ており,吻端が小さくとがり,吻の長さは頭長の15–20%である。
ヒゲの長さは長く,頭長の50–60%である。眼径は頭長の30–33%である.


加えて、発光器の前端は腹鰭基部より後方で,肛門は臀鰭基部の直前でかつ、吻端と上顎の前端の間は短く,顎のヒゲが眼径より長いことが本種の特徴である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する