読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ギンカガミ

Mene maculata (Bloch and Schneider, 1801)

形態・特徴 体は逆三角形で、側扁している。体表には鱗はない。成魚の体側上方には小斑がある。腹鰭は長く伸び、腹鰭長は胸鰭長の2倍ほどになる。背鰭棘は痕跡的である。体長30cmほど。
分布 南日本。太平洋、インド洋。内湾などの沿岸浅所にすみ、ときに汽水域にはいる。熱帯性で日本には少ないが日向灘には多いという。
生息環境 沿岸域からやや沖合に生息する。大陸棚縁辺のやや深い海からも漁獲されることがある。
その他 日本では定置網や、沖合底曳網で漁獲されるが、いずれも多くは漁獲されていない。食用としての価値も高くはないが、釣りなどでごく稀に漁獲され、食用となるケースもある。また東南アジアの市場でも見られる。ギンカガミ属は、本種1種のみからなる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市泊ざまみフェリー乗り場岸壁

2014.03.25

日本 高知県 高知市浦戸漁港

2015.10.10

日本 東京都 小笠原産 築地場内市場で購入

2015.06.03

日本 宮崎県 内海 潮小学校沖

2001.04.03

フィリピン パタンガス

2014.12.31

日本 鹿児島県 奄美大島宇検村

2006.04.16

フィリピン タクロバン

2009.02.04

日本 和歌山県 田辺湾内

2011.08.18

日本 愛媛県 愛南町

2001.08.03

日本 宮崎県 サン・マリーナ宮崎の沖合い

2011.08.16

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.15

日本 鹿児島県 奄美大島宇検村

2006.04.16

日本 鹿児島県 奄美市大熊

2009.11.21

日本 鹿児島県 奄美市大熊

2009.11.21

日本 宮崎県 宮崎沖

2016.10.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する