読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アカナマダ

Lophotus capellei Temminck and Schlegel, 1845

形態・特徴 成魚の体は細長く強く側扁する。上顎は突出できない。頭部前縁はあまり突出しない。腹腔に墨汁嚢を有する。体長1.2m前後で、大きいものは2mに達するという。
分布 函館沖、相模湾~鹿児島県沖、高知県沖、山口県沖。太平洋と大西洋の暖海域。沖合性の稀種とされる。
生息環境 主に外洋域のやや深海に生息する。
食性 肉食性。小魚やイカなどを捕食する。
その他 本種は墨を吐出するという、魚類としては珍しい行動をとる。釣り、マグロはえ縄、アマダイはえ縄などで漁獲されるが食用にはならないようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛知県 表浜海岸

2010.01.06

日本 東京都 小笠原村

2015.08.26

日本 北海道 上ノ国町沖

2009.07.25

日本 北海道 上ノ国町沖

2009.07.27

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する