読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ハダカイワシ

Diaphus watasei Jordan and Starks, 1904

分布 相模湾以南、東シナ海。フィリピン。
特徴 ハダカイワシ科の魚類は発光器の位置や歯の形状、鰓耙数などが重要な同定の形質となるため、写真からだけでは同定は難しい。ハダカイワシ属魚類は背鰭基底と臀鰭基底はほぼ同長で、尾柄上部発光腺も尾柄下部発光腺もなく、尾鰭前発光器は4個、などの特徴をもつ。
本種は眼上発光器がなく、眼前上部発光器があり、鼻部背側発光器が嗅覚器よりも小さい、鼻部腹側発光器が特に大きいということはない、尾鰭上下葉の後端は黒くない、両顎歯は絨毛状であるなどの特徴で日本産の他のハダカイワシ属魚類と区別できる。体長15cmほどになる。
生息環境 ハダカイワシは昼間は水深2000mまでの深海に生息し、夜間は浅海に上がってくる。
食性 主に小型の甲殻類などを捕食すると考えられる。
その他 主に底曳網で漁獲される。食用となり、産地では干物が有名。本科魚類は外洋にすむ大型魚類の胃の中からもよく出現し、餌として重要なようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 南さつま市

2015.12.09

日本 静岡県 浜松市 舞阪漁港 選別作業台

2014.09.02

日本 神奈川県 真鶴

2010.03.17

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する