読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

サガミハダカ

Diaphus chrysorhynchus Gilbert and Cramer, 1897

分布 千葉県~土佐湾、東シナ海大陸斜面域。~台湾、南シナ海、ハワイ、中部太平洋、オーストラリア。
特徴 ハダカイワシ科の魚類は発光器の位置や歯の形状、鰓耙数などが重要な同定の形質となるため、写真からだけでは同定は難しい。ハダカイワシ属魚類は背鰭基底と臀鰭基底はほぼ同長で、尾柄上部発光腺も尾柄下部発光腺もなく、尾鰭前発光器は4個、などの特徴をもつ。
本種は眼上発光器がなく、眼前上部発光器があり、尾鰭両葉の後端が黒いなどの特徴を有し、この属のものとしては比較的同定しやすい。体長8cmほど
生息環境 昼間は水深600m以浅の深海に生息するが夜間は浅海にまであがってくる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 神奈川県 真鶴沖(真鶴港近くの栄寿司)

2014.09.02

日本 静岡県 沼津市内浦湾

2002.12.03

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する