読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

クモハゼ

Bathygobius fuscus (Rüppell, 1830)

特徴 体長3~8cm。第一背鰭に太い白色ないしは黄色帯と黒褐色帯があり、体側に中央から下方に伸びる黒色斑が縦列するなどの特徴でほかのクモハゼ属の仲間と区別することができる。繁殖期のオスは体が全体的に黒ずみ、背びれや尾びれの色はより明るく、明瞭になる。クロヤハズハゼに酷似するが、前述の特徴のほか体側の斑紋がより明瞭なことから区別できる。クモハゼ属は頭のまるみが強く、体は比較的太短いことからヨリメハゼ属に似るが、前者には胸鰭の遊離軟条があり、後者の頭はより縦扁することから両者を識別できる。
分布 インド・太平洋の温帯から熱帯にかけて広く分布。国内では小笠原諸島、八丈島、千葉県、若狭湾~与那国島。主に岩礁の潮溜まりに生息するが、サンゴ礁域にもみられる。
食性 デトリタスや小型甲殻類を食べる。
その他 本州での繁殖期は6~9月。体長5cmを超えるオスは、潮溜まりにある堅い基質にあいた穴や、岩の割れ目に巣穴をかまえ、メスに求愛をして巣穴に産卵させる。一方、体長3~5cmほどの小型のオスは、スニーキング(巣穴で産卵中のペアに割り込み、射精をすること)戦術で繁殖を行う。また産卵期の後半になると大型のオスが減るため、この小型オスはスニーキング戦術をやめ、巣穴をかまえるようになる。この場合、同じく潮溜まりに生息するイソハゼのオスに適する大きさの巣穴をクモハゼが使うことになり、イソハゼは転石の下で繁殖することを余儀なくされる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 長崎県 長崎県三重の磯(潮だまり)

2010.09.04

日本 和歌山県 田辺市 鳥ノ巣

2015.04.27

日本 和歌山県 田辺市天神崎

2005.10.26

日本 沖縄県 石垣島川平

2014.12.22

日本 神奈川県 三ツ石

2016.02.10

日本 静岡県 網代港

2015.03.15

日本 千葉県 勝浦の磯

2000.06.17

日本 宮崎県 延岡市 赤水

2015.10.12

日本 愛知県 豊浜

2013.09.21

日本 和歌山県 白浜町 袋

2015.04.22

日本 千葉県 館山市坂田

2004.10.23

日本 静岡県 沼津 内浦湾

2015.03.22

日本 千葉県 潮溜まり

2009.02.16

日本 鹿児島県 南さつま市

2013.09.23

日本 宮崎県 日南市 宮浦漁港

2014.08.07

日本 和歌山県 潮岬

2013.09.21

日本 和歌山県 串本 タイドプール

2007.06.15

日本 沖縄県 比謝川河口

2006.06.25

日本 千葉県 館山市沖ノ島

2012.05.27

日本 和歌山県 みなべ町 目津崎・タイドプール

2009.07.23

日本 和歌山県 白浜 タイドプール

2008.10.20

日本 沖縄県 牧港漁港

2012.05.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する