読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

マメハダカ

Lampanyctus jordani Gilbert, 1913

分布 北海道オホーツク海および太平洋岸~熊野灘、小笠原諸島近海。オホーツク海、ベーリング海、北太平洋。主として亜寒帯域。
特徴 雌雄ともに尾柄上部発光腺および尾柄下部発光腺をもつ。胸鰭はあり短くない。頬発光器がある。胸鰭上発光器は2個。脂鰭の基底前縁に発光腺があることで日本産トミハダカ属の多くの種と区別できる。本種ににたものにホソマメハダカがいるが、この種は体高がやや低く、背鰭軟条はマメハダカがふつう11軟条であるのに対しホソマメハダカはふつう13軟条、胸鰭軟条数はマメハダカふつう16軟条、ホソマメハダカでは12~13軟条であることにより区別される。体長14cmになる。
生息環境 深海性で昼間は深海に生息するが夜間は水深200m以浅に上がってくる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する