読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アラハダカ

Myctophum asperum Richardson, 1845

分布 北海道~土佐湾、鳥島、沖ノ鳥島周辺、九州-パラオ海嶺。~太平洋、インド洋、大西洋、メキシコ湾
特徴 ススキハダカ属は臀鰭基底が背鰭基底よりも長い、尾鰭前発光器が2個、胸鰭上発光器は胸鰭基底上端にある、肛門上発光器は第3腹部発光器よりも後方にある、などの特徴を有する。本種は鰓蓋上縁がなめらかである、肛門上発光器が折れ曲がる、側線有孔鱗数38~41であることなどにより区別される。体長7cmほど。
生息環境 昼間は深海にすむが夜間は水深125m以浅にまであがってくる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する