読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ニテンエソ

Synodus binotatus Schultz, 1953

形態・特徴 エソ科魚類は表徴形質に乏しく同定が難しい分類群のひとつである。とりわけ本種はアカエソやミナミアカエソなどの種とよく似ている。しかし、本種は吻端に左右1対の楕円の黒色斑が存在することが特徴的であり、見分けやすい形質である。また、側線上方鱗数が3.5枚であることなどでも日本産の他種と区別することができる。
分布 伊豆諸島、高知県、琉球列島、小笠原諸島。ミクロネシア、マーシャル諸島、マンガレバ~グレートバリアリーフの太平洋域。
生息環境 浅海のサンゴ礁域・岩礁域およびその周辺の砂地に生息する。
食性 甲殻類や多毛類、小型魚類などを食べる動物食性。
その他 流通することはないが、釣り人や漁師にはしばしば賞味されることがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する