読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

テナガミズテング

Harpadon nehereus (Hamilton, 1822)

形態・特徴 ミズテング属魚種は、体はやわらかいこと、鱗は薄く、体の後方にのみあることで他のエソ科魚類と区別できる。本種は胸鰭が長く、腹鰭基部上方にまで達することでミズテングと区別される。体長35cmになる。
分布 東シナ海。~黄海、南シナ海およびインド洋。稚魚は長江沖合に多産。日本では有明海にそそぐ六角川の河口で、長江の洪水による影響によって来遊したことがある。
生息環境 浅海性でおもに水深25-60mにすむ。長江の河口域が主分布域であるとされる。1995年の長江の大洪水では河川水が九州周辺や日本海に到達したが、その時にながされたのか、2年後の1997年に有明海の河口域でもとれた。
食性 魚類やエビ類を主に捕食している。
その他 日本では殆ど水揚げされず食用にはなっていない。インドなどでは本種を乾燥させたものをカレーに振りかけて食する。ほか、塩蔵品もある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する