読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ビリンゴ

Gymnogobius breunigii (Steindachner, 1880)

分布 北海道~屋久島。サハリン、色丹島、沿海州、朝鮮半島、中国。川の感潮域の泥底から砂泥底にすむ。
特徴 鱗はこまかい。口はニクハゼなどと比べるとやや小さい。婚姻色が現れても、雌の体には明瞭な黄色横帯が現れない。ジュズカケハゼ種群と非常によく似ているが、本種では眼上管の開孔が3対あるのに対し、ジュズカケハゼ種群では開孔がないことにより区別される。シンジコハゼは眼上管の開孔は2対で、婚姻色が現れた雌の個体では明瞭な黄色横帯があるのが特徴。体長5cmほどの小型種
生息環境 河川の河口、汽水域から淡水域にみられる。
食性 主に昆虫や底生小動物などを捕食するようであるが、藻類なども捕食する。
その他 主に河口域でほかの魚類とともに漁獲される。揚げ物やつくだ煮などで美味である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 山形県 庄内地方 河口域

2009.07.12

日本 東京都 多摩川

2009.09.04

日本 東京都 多摩川

2009.09.04

日本 神奈川県 川崎市 多摩川

2010.06.12

日本 東京都 多摩川

2009.09.04

日本 島根県 神西湖

2001.07.10

日本 千葉県 船橋市三番瀬公園

2010.06.02

日本 東京都 多摩川

2011.08.09

日本 神奈川県 帷子川

2015.05.30

日本 東京都 多摩川

2009.09.04

日本 千葉県 船橋市三番瀬公園

2010.06.02

日本 東京都 多摩川

2009.09.04

日本 千葉県 船橋市三番瀬公園

2010.06.02

日本 東京都 多摩川

2011.08.09

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する