読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ユメハダカ

Diplophos orientalis Matsubara, 1940

形態・特徴 脂鰭はない。体側発光器は78~86、腹側発光器は92~99。ネッタイユメハダカとは、眼が大きく、眼径が両眼間隔よりも長いこと、臀鰭が通常60~61軟条であることで区別可能。
分布 相模湾、駿河湾、熊野灘、土佐湾、沖縄舟状海盆、九州-パラオ海嶺。西部北太平洋の温帯域。中深層遊泳性。
生息環境 沖合の中深層遊泳性。水深200~500に生息。
その他 日本産ユメハダカ属は2種からなる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する