読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

アリアケギバチ

Tachysurus aurantiacus (Temminck and Schlegel, 1846)

形態・特徴 口髭は合わせて8本あり、大きな脂鰭を持つ。尾鰭後縁の切れ込みは浅く、臀鰭軟条数は19~21本であることなどが特徴。
分布 日本の固有種で、よく似たギバチとは分布域が異なり、九州西部・長崎県壱岐に分布する。河川中流の淵尻の岩や石の下、砂泥底の水底に生息する。
生息環境 水質汚濁や河川改修による環境変化に弱く、水が綺麗で自然の多く残されている河川の中流域に見られる。夜行性で、夜は活発に泳ぎ回るが、昼間は岩や石の下などの陰に潜む。生活史はほとんど明らかになっていない。
食性 雑食性で石や岩についた付着藻類から水生昆虫なども捕食する。
その他 近縁種であるギバチと同様に農薬や生活排水による水質汚濁、河川改修などの影響を受けやすいため、環境省によるレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 福岡県 博多湾流入河川

2006.09.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する