読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

コウライニゴイ

Hemibarbus labeo

特徴 全長40cm。ニゴイと酷似するが、下唇の皮弁が発達する点で区別できる。
分布 中部~山陽地方、四国。朝鮮半島~中国、台湾、海南島。石川県・滋賀県・三重県ではニゴイと分布域が重複する。平野部の湖、大きな河川の中・下流から汽水域までにすむ。
生息環境 河川の中流域から下流域にかけて生息する。
その他 分布域がニゴイとは異なるが、重複する部分もあるため、一概に分布域では判断できない。環境の変化に強く、汽水域に現れる場合もある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛知県 緑葉川

2016.05.20

日本 岡山県 県内の小川

2005.09.12

日本 兵庫県 加古川系支流

2012.08.02

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する