読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シロヒレタビラ

Acheilognathus tabira tabira Jordan and Thompson, 1914

分布 濃尾平野、琵琶湖淀川水系、山陽地方、四国北部
特徴 タビラは5つの亜種に分かれている。本亜種は雄の臀鰭の外縁が白くなり、腹鰭前縁にも白色部がある。雌の産卵管も白色である。また産卵管は短く尾鰭を超える長さにならない。体長7cmほど
生息環境 河川の池や細い用水路などに生息し、琵琶湖では他のタナゴ類よりも深い30~40mの場所からも獲れている。
その他 産卵期は5~6月が最盛期とされる。卵はタガイやマツカサガイなどに産み付けられる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 大阪府 淀川水系

2008.10.02

日本 岡山県 旭川水系

2016.03.17

日本 大阪府 淀川水系

2008.05.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する