読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

カタボシイワシ

Sardinella lemuru Bleeker, 1853

特徴 全長20cm。体は細く、平たい。腹鰭は9軟条。鰓蓋後端にわずかであるが黒色域がある。大型の鮮時の個体は体背部の暗青色部分の下に薄いオレンジ色を呈する。腹部は銀白色。
分布 南日本、奄美大島。台湾、福建、フィリピン、スマトラ・ジャワ島、マレーシア半島東岸、オーストラリア西岸。沿岸で群れをなす。
生息環境 沿岸域に生息する。
その他 本土では稀であるが、鹿児島県や宮崎県ではまとまった数が水揚げされることがある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市泊フェリー座間味乗り場岸壁

2015.12.07

日本 千葉県 小湊漁港

2016.04.01

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.10

日本 宮崎県 延岡市 岸壁

2014.10.11

日本 千葉県 前原フィッシャリ-ナ

2016.05.09

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.10

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.10

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.10

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.10

日本 愛媛県 伊方町 与侈の港

2016.01.12

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.10

日本 宮崎県 門川湾

2007.10.10

日本 神奈川県 金田漁港

2016.06.05

日本 千葉県 前原フィッシャリーナ中堤

2016.07.13

日本 高知県 高知市浦戸湾

2016.11.28

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する