読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

スズハモ

Muraenesox bagio (Hamilton, 1822)

分布 北海道釧路、青森県八戸、南日本太平洋・瀬戸内海岸、山口県日本海岸、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、澎湖諸島、中国沿岸、インド・西太平洋。
特徴 ハモにそっくりの大型種。肛門より前の側線孔数はハモでは40~47であるが、スズハモでは33~39と少ない、肛門より前方の背鰭軟条数47~59 (ハモでは66~78) 、胸鰭の内側は生時、紅色であるなどの特徴で区別できる。大きいものでは2mに達する。
生息環境 大陸棚の水深100m以浅に生息する。
食性 魚類を中心に、甲殻類や軟体動物などを捕食する。
その他 釣りや底曳網で漁獲されるが、日本近海の水域ではハモよりも数は少ないようである。ハモと同様に食用になり、美味ではあるがハモはより美味である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 山口県 下関漁港

2015.04.28

日本 宮崎県 一ツ瀬川河口

2016.06.03

日本 宮崎県 一ツ瀬川河口

2015.03.25

日本 宮崎県 一ツ瀬川河口

2015.03.25

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する